ANAカードの10マイルコースと5マイルコース、どっちを選ぶべき?

ANAカードにはマイルを交換する際、10マイルコースと5マイルコースのどちらかを選ぶことになっています。

マイル換算率は、10マイルコースが1,000円につき1ポイント=10マイル。5マイルコースが1,000円につき1ポイント=5マイル。5マイルコースで貰えるマイルは10マイルコースの半分です。しかし、10マイルコースはポイントをマイルに移行する際、手数料が2100円かかります。対する5マイルコースは無料。この出費を考えると、年間の利用額が少ない方は、貰えるマイルよりも交換手数料+年会費でマイルがマイナスになり、逆に損をしてしまう場合もあります。

たとえばANAカードJCBで年間100万円のショッピングを行い、10マイルコースを利用してポイントをすべてマイルに交換した場合、式は15000(10000マイルを1.5円で換算)-年会費2100円+移行手数料2100円=で、10800円分得をしたことになります。

もちろん、このお得額は、年間のカード利用金額が低いほど下がります。完全に損をしてしまうボーダーラインは28万。 28万円以上はもとより、年間で50~100万ほどカードを利用する方なら、ます10マイルコースを選んでおいて損はしないでしょう。

しかし上記の式はあくまで1マイル=1.5円換算。これを1マイル=1円換算に変えると、また事情が変わってきます。

さきほどと同じ例(ANAJCBで年間100万利用し、ポイントをすべてマイル交換した場合)で計算してみると、損をしないぎりぎりのボーダーラインが42万円。

それ以下の利用金額だと、5マイルコースも10マイルコースも共にマイナスになってしまいます。

このように、マイル換算率によって最低ラインは変動します。

しかし、10マイルコースが5マイルコースの2倍のマイルを付与されるという点は変わりません。
30万円の利用なら両者の差はわずか150円ですが、100万円になれば5400円分も差がつきます。

現在の決済額が月10万程度なら、年間100~150万円くらいにはなりそうでしょうか。

やはりこのくらいの決済額があれば、5マイルと10マイルの差が大きくなりますので、10マイルコースを選択されたほうが良いと思います。

ANAカード選びにはポイントをマイルに交換する際の移行手数料も考慮してください。

プチ整形をした